音響ラティス技術

 

Strataのキャビネット内では

空洞とパッシブラジエータ(振動板)が交互に積層しています。

空洞内の空気はバネとして働き

この空気バネで結ばれた振動板群が

相互に振動を伝え合い、共鳴器として作用します。

我々は、この空洞と振動板の周期構造を

音響ラティス」と呼んでいます。

音響ラティス

見かけよりもずっと長い共鳴管に等価であり

例えば僅か数10センチの全長で

20Hz台の超低音と共鳴することも可能です。

しかし 音響ラティス は

単なる共鳴管システムの短縮版ではありません。

音響ラティス

ユニット背面からの中高音を

短距離&大開口で放出する開放性をも備えているからです。

その放出経路に介在するパッシブラジエータは

不必要な管の共鳴を除去し

システム全体の音色を調整する重要な役割を担います。


その結果として音響ラティスは

サイズを超える低音増強能力と

いわゆる「箱臭さ」とは無縁のピュアな響きを

同時にもたらすことが出来るのです。

空気バネと 振動板が交互に積層した 「音響ラティス」構造

パッシブラジエータは、デンマークPeerless社製。Strata仕様の特注品です。

Strata    Concept    Products    Materials     TechNotes    Listen    About Us